« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の記事

2004.12.31

妙高杉ノ原スキー場

数日前まで完全に雪のない正月を覚悟していた。毎年12月下旬に寒気が南下するがこれを一般にクリスマス寒波と言う。今年はこのクリスマス寒波さえなく毎日各ゲレンデのライブカメラを眺めるだけだったのだが…。直前の予報で大晦日から元旦にかけて強烈な寒波がやってくる事が分った。大晦日は杉ノ原の午後券で滑る予定だったのだが、皮肉なことに大雪の影響で各道路の事故渋滞やら通行止めやらで到着が大幅に遅れた。よってナイターである。
myoukou12-31
妙高杉ノ原スキー場

ドカ雪で有名な妙高だが思ったよりは雪がなくて助かった。しかしインターからランドマークまでの道路は完全に圧雪していなくてかなりヤバイ状態。夜は久々の池ノ平温泉でまったりした。あらきんラーメンも絶品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.26

いがやスキー場

朝は除雪車の独特の音で目覚めた…最高だ。積もった証拠だね。楽しみに窓を開けると推定15cmほど。辺りの木々も白くなっている。もう年末だ。今までの暖冬が異常でこれが普通なのである。準備をして8時半にいがやに到着。-3℃と極端に寒いわけではないが、結構なパウダーだ。滑っている間も終始降雪があり、ここ乗鞍にもようやく冬がきたと実感した。雪質がパウダーだけに板は走らないけどそれなりに楽しめた。
igaya2
いがやスキー場から見た乗鞍岳(25日撮影)

昼過ぎに終了して湯けむり館へ。帰る道中思ったんだけど乗鞍自体に人が少なかったような気もする。やっぱりサイトなんかで滑走可能斜面を調べるとわざわざ出掛けるにはどうかなと…。去年も一昨年も湯けむり館前の道路なんか車でごった返していたから…。それにしても…しんしんと降る雪を見ながらの湯けむり館露天風呂は極上の時間でしたd(^^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.25

いがやスキー場

普段は平日休みが圧倒的に多いのに年末になるとどうも土日に休みがあたる。去年も一昨年もそうだった。マイアは激混みだろうと敬遠することに…さてさて何処に出没するべきか。
ストックワークとアンギュレーションの練習だけしたいので、大きなゲレンデでなくても良い。と言うことでサイトで調べて乗鞍にした。でも今の時期、乗鞍も雪が少なくて人口密度は大変なものだろう。パラダイスと休暇村しかオープンしてないと言うし…。

ゲレンデに着き、休暇村を覗くとやはり人が多い。しかも1日券が3,500円なら滑る理由はなし。
即、降りて”いがやスキー場”へ向った。リフト1本だけの素朴なゲレンデだが、滑る目的がはっきりしているのでこれで充分だ。1日券は1,500円でこの券で湯けむり館にも入浴できる。しかも10時までは珈琲も無料と「このゲレンデこれで儲かるのか?」って要らん心配までしてしまった(笑)。まぁ安いのは大歓迎でみんな乗鞍へ向うのかガラガラだった。天候は快晴で剣ヶ峰までスカーっと見渡せる。ダラダラ緩斜面が多いが基本をしっかりやるにはこれも良しだ(^^)
igaya1
剣ヶ峰と笠雲。

最終16時過ぎまで滑って久し振りの湯けむり館へ…今までいろんな温泉に入ったが間違いなくここはBest3に入る。文句なしの名湯だ。
この日は民宿”美鈴荘”で素泊まり。ここの旦那さんはスキー教室の先生。もちろん宿でワキシングも可能だ。夜半に大粒の雪が降り出した…予報通りだが雪が降っているのを見ると嬉しくなる。そろそろ冬らしくなってほしいもんだ。
25日・26日の写真はこちらでそうぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.21

開田高原マイア

信じられない事に窓を見ると真っ白だった。夕べ8時頃に霙に変った雨は夜半に雪に変ってくれた。当然道路にも薄っすらと積雪が。気温は?5℃。朝食を摂り8時頃に準備を終えた。ゲレンデに行くと平日にしては人が多めだ。

とりあえずクワッド2本滑ってからカメラを持ってゲレンデトップへ。トップは強風で固まった雪面が強固なアイスバーンに…危険と判断したのかパトロールが滑走規制のポールを張っていた。新雪が積もったゲレンデはコンディションと言う意味で今シーズン最高と言えるだろう。写真を撮りながらベースへ戻る。そしてまたトップへ。
mia12-21

ティーホルンへ降りてくるとこのゲレンデで知り合ったてつさん御夫婦とお会いする。先シーズンの鷲ヶ岳以来である。この後、リフト3本指導してもらい凄く得るものが大きかった。特に右ストックの癖を指摘してもらった時は嬉しかった。悪い癖から早いうちに治したい。暫くは反復練習として地道な滑り込みを続ける事になるだろう。午後もひたすら練習だ。

人が少なくなる12時を境にトップへ上がった。2時前まで滑って自分なりに良い感覚を得たその1本で終了(^^)この良い感覚で次回はスタートしたいものである。それにしても今日のマイアは良い雪でした。積もった雪は推定15cm程かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

開田高原マイア

朝は少し遅めに開田に着いた。暖かい朝に分厚い雲。降れば間違いなく雨だろう。
本日は地元の知人と一緒に滑った。
昨日から上部と繋がったらしいので、早速高速ペアで上がると上部は雪が薄いせいか少しボコボコしている。ポールバーン下部からリフト線化を過ぎるとコースは細くなる。緩斜面なのでここは細くても問題ないだろうね。
しかし、今のこの時期に3200mも滑れるゲレンデってあるだろうか。コースを繋げるのに相当苦労したと思う。

昼からは雨交じりのミゾレになり1丁目は荒れてきた。ひたすら4時まで滑ったがヘロヘロである。
山麓で食事後、やまゆりへ…。この頃から雨は本降りになった。いい加減暖かい年末に嫌気もさすが、明日から寒気が入るそうなので期待したいものだ。
車で寝る前にicon4を見た。そろそろパウダーが滑りたいな…♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.14

開田高原マイア

早朝に目が覚めると予報通り極端に寒い。セルを回すと-8℃。しかし、これでいいのだ。これがマイアの気温である。
空が白くなり始める頃、溜まらなくなって昨日の九蔵峠まで行ってみる事にする。
信州サンセットポイント百選に選ばれたこの撮影ポイントはあの大きな御岳を裾野から撮影する事のできる数少ないポイントだ。
撮影を終えてゲレンデに帰ると早速滑走準備。朝一は写真を撮りたくてストック無しでリフトに乗った。昨日は姿を見せなかった乗鞍岳が綺麗。穂高の吊尾根や常念もよく見える。
そしてカメラザックを気にしながらベースまで降りたのだが、はっきり言って撮影なんてどうでもよくなった。丁寧に整備されたバーンは感動のピステンだ。ストックとカメラを取り替えたらすぐにまたクワッドに乗る。
mia12-14
コンディション最高(クリックで拡大)。

もう理屈抜きで楽しい♪エッジもよく食い付く。これぞマイアと言わんばかりの雪面だった。
アカデミーのスタッフも沢山出てきた。そりゃそうだ…このコンディション見たら誰でも滑りたくなるハズ。
休憩なしで11時までひたすら滑った。そして小腹が空いたのでティーホルンに入る。
回転レストランから乗鞍方面のパノラマを見ながら食べる新メニューのティーホルンサンド…なかなかイケる。
この後もひたすら滑ったよ。何かを得そうな時っていうのは自分で分るものだ。ことシーズン初期の体作りではこの滑り込みが大事だと思う。

暖かいスタッフ…丁寧に圧雪されたバーン…そしてこのパノラマ。
マイアにして良かった…そして僕はやっぱりこのゲレンデが大好きなんだと痛感した!
05シーズンは始まったばかり。充実の初マイア2日間でした(^^v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.13

開田高原マイア

長野県南部の独立峰”御獄山”。大きな山で山腹には4つのゲレンデがある。
この中のひとつ開田高原マイアをホームゲレンデに選んで今年で4シーズン目である。
初マイアに向う13日の朝は遅めの出動。快晴なので九蔵峠経由で開田に下りる。
峠から見る御獄山は予想通り蒼空に映えていた。ここから見る霊峰御岳は全く素晴らしい。

暖冬で雪の少ないゲレンデはここマイアでも例外ではなく、峠からでもコース幅の狭さが確認できた。
しかし、昨夜下界を降らした雨は開田で雪に変ったようで”温泉やまゆり荘”から上は薄っすらと路面に積もっていた。
シーズン券の申し込みを済ませて受付から外に出るといきなり背後から声がかかる…時々行くペンションのマスターだ。
昼前まで一緒に滑って「もう限界や…帰るわ」と言って帰っていったが、正直この時期は体もできていない為、ハイシーズンのようにガンガン滑るのは無理。事実僕もスピードが乗ってくると少しだけ怖かった。
この後、ひとりになってからはひたすら練習に没頭する。

先日の鷲ヶ岳はまともに滑れなかったので今日が事実上の初滑りだと思う。
聞けば雪作りに相当苦労したらしく、一週間遅らせる話しもあったそう。
クワッドを降りてティーホルンから下は広いバーンが続くが、リフト線下を過ぎると途端に狭くなる。
しかし文句は言えまい。今の時期、高速クワッドで効率よく標高を稼ぎ、1900mも滑らせてくれるゲレンデは他では見当たらないからね。
午後は体も馴れてきたので角付けも深めてみたが、この板はっきり言って最高です(当たり前か…)。
アカデミーのスタッフもひたすら滑り込んでいる。途中でポール担当3人のコーチと話した。「板も変りシーズン始まったばかりなので無理はしないで下さいね」と声をかけて頂いた。

さて、午後3時を過ぎると太陽は御岳の西に沈んでゆく。マイアの夕暮れは早く、この頃から雪面がカリカリに固くなる。そして同時にそれまで滑っていた人達がいなくなるのは何故なのか(笑)。
この日は調子が良くこのまま最終4時半まで滑り込んだ。爽快である。雪に馴れ自分なりのスタイルを作る意味でこの時期の充実感は貴重だった。
mia12-13
早朝の御獄山。神秘的だ(クリックで拡大)。

ゲレンデからは山麓と言う食事処へ直行した。美味しいしボリュームもあるのでよくお世話になっている。そして定番の温泉”やまゆり荘”へ…。かつての火山、御岳から湧き出す赤茶けた温泉はやはり良いものだ(^^v
マイアに戻ると満天の星。明日の晴天は確定である。開田で明かす夜…最高だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.08

鷲ヶ岳スキー場

ここ最近では最も遅い初滑り。本日12月8日に鷲ヶ岳スキー場で滑ってきました。
少し前の寒気で山は白くはなっていた。が、ここ奥美濃ではたいした積雪ではなかったらしくてゲレンデのコース以外の部分は土と雪がちらほら…。
朝一の気温が0℃で帰る時の気温はなんと9℃だった…もう12月なのに…。
年内に大きな寒気は来ないと聞いたがゲレンデ関係者は大変だろう。
去年と同じで正月に雪のないゲレンデが続出するかもしれない。

ゲレンデに着いたのは朝の7時半だった。で着いて気付いた。
今日はレディースデーだったのだ(笑)。
お隣のホワイトピアに移動する気も起らなかったのはやはり鷲ヶ岳の滑走距離の長さだった…。
去年もここが初滑りだったが、この時期の1500mは美味しすぎる。
しかし、現実は…9時を過ぎるとリフト待ちが10分ほど(T_T)
当然狭いコースにこの人口密度だから結構なストレスになる。
0412/wasi
正面に見えるゲレンデはダイナランド。


ただ、滑りは思ったよりイケた(アイスクラッシャー+新しい板の割りには…)。
難しい事を考えずにひたすらセンターに乗ることだけを考えて。
そして昼過ぎにはギブアップ。最初だからこんなもんでしょ。
その後はセンターハウス内の温泉でまったり♪
来週は待ちに待った木曽エリアのマイアへ…(-_★) キラーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.07

サーモプロ

先日から予約してあったGREXのサーモプロ処理をしてきた。
と言うと随分大掛かりな処理のようだが、要は板を充分暖めてより一層ワックスを浸透させるだけなのだ。
装置自体もそんなに大げさなものではなく、板を2本並べて収納できるくらいの大きさ。
毛穴を開いて入りにくいワックスを浸透させる処理。
装置も6万くらいで売っているらしいので、購入する人も沢山いるらしい。
なにしろ一回の処理が2,000円~8,000円もするのはチト高すぎはしないか?
料金の幅は単純にその店で板を買ったかどうか…新品かどうかなど。
僕は結局2,000円/2本にしてもらえた。

毛穴を充分に開いているためかアイロンを当てる時間が極端に短い。
この速さで本当に浸透するのだろうか?と不安になるほど。
効率よく熱で暖めてあるためブルー系の固いワックスも容易に入るらしい。
今回は山板とスラ板2本を処理したが、次回厳冬期にブルーを入れるときはもう一度お願いしようかと思っている。
0412/grex
↑奥のオレンジ色のスキーケースのような物がサーモプロ本体。

ちなみに効果のほどは…。
・パラフィンなのにLowフッ素並みに板が走る。
・毛羽立ちがなくなる。
・固いワックスが簡単に入り剥がし易い。
など色々なメリットがある

これで夏前から準備していた事は全て終了済み。
幸いちょっとした寒気が山を白くしてくれた。
明日、奥美濃を覗いてきます(^.^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.02

雪乞いしなければ…(^^;

本当は12月2日に初滑りの予定を入れていた。
しかし何処に行くにも雪が少ない。
幅の狭い僅かなコースで滑るとどうしてもストレスも溜まるので来週まで待つことにした。
1週間遅らせただけでどうなる訳でもないし…少しづつだが本格的な冬に近づいているだろう。

と言う事で本日、今シーズンお世話になるスキー板2セットを取りに行ってきた。
取りにいったと言っても来週の滑る直前にまたショップに戻さなければならない。
サーモプロなるちょっと変った処理をする為である。
なんでもホットワックス5回分の成果が見込めて尚且つフッ素並みに滑るらしい…。
通常だと1セット五千円だか八千円だかするらしいが、板を買ったのとまぁ割りと常連?なので2セット4千円でOKと言われた。

写真左が例の板…注文したのは今年6月でやっと手元に。
SALOMON Equipe10 3V race PWS 165cm。
見ての通りSLのレース仕様で僕のレベルでは早いかなとも思ったけど、今よりもっともっと上を目指したいのといろんな人のアドバイスを参考にしてこの板にした。
もちろん、先シーズンの最後にチャオ御岳で試乗済み。
レース仕様にしてはしなやかで基礎系にも充分活かせる板だと思った。

写真右は先シーズンのバックカントリーで大活躍をした山板。
SALOMON Scream10 Pilot Xtrahot 175cm。
パウダーを意識した板にしてはトップが固め。
しかし自分にはピッタリの板だと思う。
シーズン最後は落石だらけの白馬鑓や蓮華大沢を滑ってかなりエッジも傷付いた。
しかし、RIDチューンから帰った相棒は見事に生き返ってくれて嬉しい限りです♪
今シーズンもバックカントリーで活躍して欲しい板。
信頼性&戦闘力共に高し…。
0412/3v-scream


道具も揃ってようやくその気になってきました…あとは肝心の雪だけだ(^w^)
マイアオープン前なのでゲレンデは未定だけど…来週から本格始動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »